多賀城ロータリークラブ

 

多賀城ロータリークラブの方と一緒に食事をしました。

結論から言うと「ロータリークラブ40周年の来年にむけてスイセンプロジェクトと一緒に何かやりましょう!」ということに!

 

熱い男たち!

地元のことを何年も何十年も考え続けているみなさんにとって、今回の震災はとてもつらく悲しいものに違いありません。

あの日のことを感情あふれる言葉で聞いていると、心臓がドキドキし心が締め付けられました・・・

 

「愛する多賀城のために1歩踏み出すのだ!」

「そのためのシンボルとしてスイセンを咲かせてみようじゃないか!」

 

僕らの想いのこもった球根をどーんと受け止めてくれる方たちに出会えた気がします。

これからの展開が楽しみです。

 

いやいや被災地の地元のエネルギーに圧倒される毎日。

そう、頑張らなければいけないのは僕らなのです。

 

 

 

 


  1. スイセンがシンボルに・・・!(^^)!
    ありがたいですね。

    そうですね、みなさんは毎日一生懸命頑張っている・・・私も見習わなければいけません。

    返信

  2. これだけ大勢の方々を同感させ、1歩踏み出させているのは、やっぱり真吾さんの人柄なんでしょうね。

    地元の頼もしい熱い想いの方々がいる限り、このスイセンプロジェクトは、賛同されている皆さんと一緒に、まっすぐ一筋の光に向かって突き進んでいるんだ!と思わされました。

    この災害の本当のつらさはやっぱりその立場にならないと判らないと思います。
    それでもその熱い感情の声を聞いて、少しでも助けてやりたい、応援したい、と思う人が一人でも増えたらすばらしいと・・・。

    スイセンで救われる心がいっぱいになりますように。

    返信

  3. スイセンの輪。。。

    小さかった輪が

    どんどん大きく

    膨らみだしましたね!!

    来年の春は

    笑顔の輪が

    どんどん大きく

    膨らみますように!!

    返信

  4. スイセンで元気を取り戻して欲しいと願っている私たちが、いつの間にか地元から元気をもらっていますね。
    支援やボランテァいって、いつもそういうものですね。
    決して一方通行じゃない。
    自分が手助けする以上に、喜びや、元気や、パワーをいつの何か頂いている。
    スイセンプロジェクトもどんどんパワーアップですね!!

    返信

  5. スイセンプロジェクトも進行していますが、我が家のスイセンもどんどん進行!!

    早いものは、葉が枯れて朽ちてきました。ので、今日早々と20~30個掘り上げました。これからは、次々に掘り上げ作業です。

    ネットに入れて風通りの良い場所に吊るし・・・東北に旅立ちするまで大切に
    保管しておきます。

    返信

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>